バイク車検について

バイク車検とは

バイクを乗る際には車検を通していなければ公道を走る事ができませんので、自分が乗っているバイクが現在どのような状況にあるのかを確認する必要があります。
しかしながら全てのバイクに車検があるという訳ではなくて、排気量で異なっており原付や小型二輪などの排気量250cc以下はその対象になることは無く、排気量251cc以上が車検を通す必要があるのです。

車検はいつするのか?

新車で購入した場合であれば3年後で初回の車検が済めば、2年ごとに車検を通さなければいけません。
また中古でバイクを購入した際にそのバイクが3年以上使用されている場合であれば、初回の車検というのは済んでいるという事になりますので2年ごとの車検となっています。

費用について

車検を通す際に必要となってくる整備や部品の交換などを、自分でやるのかまたは業者に任せるのかによって、費用というのは異なってきます。
具体的な費用としては、自分でやるのであれば約40,000円程度、業者に任せるのであればこの費用に10,000円〜40,000円上乗せされると言われていますが、あくまでも目安なのでバイクの状態によっては上下する事が考えられますので、まずは見積りなどを出してみる事をオススメします。

バイク車検の手続きのやり方

自分で車検を通さないのであれば、自分がやる事と言えばバイクを持って行き、車検を通す際に必要になる部品や手数料、税金や保険料などを支払えばあとは車検が通るのを数日待つだけで完了となります。
また自分でやるには必要であれば部品などを交換しなければいけませんので、手順などを覚えなければなりません。

点検する箇所

車検が近づいたら一気に修理するという場合であれば、時間と労力が多大に掛かりますので、日頃からの日常点検というのが大切にきて、そこで悪い箇所が見つかればその都度修理していくという方が安全だし、労力というのも分散されますので心掛けていくようにしましょう。

  • ブレーキ(前後のブレーキがきちんと作動し効果があるのか、またブレーキランプが点灯するのかを確認しましょう。)
  • タイヤ(タイヤにしっかりと空気が入っているか空気圧をチェックし、またタイヤの溝が無くなっているのであればタイヤの交換の目安となっています。)
  • バッテリー(エンジンの掛かりが悪い時などはこのバッテリーを確認する事が大切で、そのような場合であれば液が減少している可能性があります。)
  • 各種ランプ(方向支持やブレーキランプなどがしっかりと点灯するか確認する。そのままにしておくと整備不良で罰金を支払うハメになります。)
  • エンジンオイル(異常がある場合であれば警告ランプが点灯しますので、その際には修理する必要があります。)

また車検を前にするとバイクを買い替えを検討する方もいらっしゃるかと思います。その場合は少しでも高く買取してもらう為にバイク王の査定など利用するようにしましょう。